【悲報】QBハウス「社員が社員を雇用」する形態で、有給・社保無しであることが判明



1: 名無しさん@おーぷん 22/03/19 22:55:00 ID:2XzF

個人加盟制の労働組合の日本労働評議会が「ヘアカット専門店QB HOUSEの業務請負契約を濫用した使用者責任の回避を許さない」として、3月16日、厚労記者クラブで記者会見を開いた。
 同労組によれば、同社では一部店舗の理髪師をQB本社(キュービーネットホールディングス株式会社)が雇用するのではなく、エリアマネージャーが雇用する形式をとることによって、本部が雇用責任を免れていたという。
 いわば、「社員が社員を雇用する」という異様な雇用形態を作り出していたわけである。実は、異様な雇用形態は近年さまざまな大手企業に広がりを見せており、背景には「脱法行為」の狙いがあることが指摘されている。

2: 名無しさん@おーぷん 22/03/19 22:56:12 ID:S2FU
その手があったか

3: 名無しさん@おーぷん 22/03/19 22:57:10 ID:9jeO
QBハウス一部上場企業なのになんで今までばれなかったんだよ
取引所仕事してないんか??

4: 名無しさん@おーぷん 22/03/19 22:57:13 ID:cLRu
人の心とかないんか?

5: 名無しさん@おーぷん 22/03/19 22:57:22 ID:GdaM
まさにインキュベーター

6: 名無しさん@おーぷん 22/03/19 22:57:59 ID:KhSf
頭いいよな

7: 名無しさん@おーぷん 22/03/19 22:58:24 ID:9jeO
>雇用責任の回避を狙っている?
 なぜこのように複雑な形態をQB本社がとっているのだろうか。それはおそらく雇用責任を回避しながら、人件費を削減するためであると考えられる。

 理髪師たちが労働組合を結成した理由は、有給休暇が取れない、社会保険未加入、健康診断の実施がないなどの労働問題があったからだという。

 どれも法令違反であるが、違法を指摘された場合、形式的には、法的な責任を負うのは直接の雇用主であるエリアマネージャーになる。QB本社は責任を免れることができるわけである。今回のように労働組合が結成された場合も「雇用関係がない」という主張がまかりとおる。

 また、採算が取れない店舗を廃止する場合も、QB本社は法律上の雇用責任を負うことなく、理髪師の解雇をできてしまう。先に紹介した冠婚葬祭業を営むベルコの場合、労働組合を結成した労働者を「事実上」解雇して労使紛争に発展した。

 このように、業務委託契約の濫用によって事業者は労働法を脱法し、利益を得ようとしていると考えられるのだ。

ひどい

8: 名無しさん@おーぷん 22/03/19 23:00:21 ID:Be2o
ワイ通ってるとこは店長さん常におるわ
すげぇ大変そう

9: 名無しさん@おーぷん 22/03/19 23:00:34 ID:po9I
ワイがワイを雇用すれば働いてることになるんか?

10: 名無しさん@おーぷん 22/03/19 23:07:58 ID:RHOn
社員でもあり副業として個人事業者もやっているみたいな形にしてんのかな

11: 名無しさん@おーぷん 22/03/19 23:09:39 ID:9jeO
まどマギのQBみたいだな

12: 名無しさん@おーぷん 22/03/19 23:10:03 ID:iN7S
労働法の脱法とか厚生労働省通達ひとつで潰せるのが通例よ

13: 名無しさん@おーぷん 22/03/19 23:11:05 ID:9Fp4
髪ないから使ったことないけどやばすぎ草

14: 名無しさん@おーぷん 22/03/19 23:14:48 ID:m00h
安いのに続けられるのはやっぱりそれなりに理由があるんやなお世話になってるけど気の毒や

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました