ドル円135円台突入!訪日観光需要の高まりに期待感

ネタ

20年ぶりの円安水準

6月13日午前、円売りドル買いの動きが高まりついに135円台に突入しました。年明けの1月1日に115円からスタートしてなんと20円の上げを記録しました。日本企業の決算期でもドル円は下げる事なく、3月に入ってから一層の上昇を続けています。国内的には物価も少しづつ上がり消費活動においては影響も出始めているといえます。また海外企業の製品や原材料をもとにした商品の値上げもニュースを騒がせています。AppleのMacBookも新たなm2シリーズ公開とともに一気に2万円弱の値上げが発表されていましたね(´;ω;`)ブワッ

画像:PAKUTASO

円相場が1ドル=135円台に突入し、およそ20年ぶりの円安水準を更新しました。 きょうの東京外国為替市場の円相場は、円を売ってドルを買う動きが一段と強まり、一時1ドル=135円台と、2002年2月以来、20年4か月ぶりの円安ドル高水準をつけました。 背景にあるのは、日本とアメリカの金利の差です。アメリカでは記録的なインフレが進み、先月の消費者物価指数は、およそ40年半ぶりの高い水準となりました。 物価上昇を抑えるため、アメリカの中央銀行にあたるFRBは、今週開く会合で、大幅な利上げを決める見通しです。 一方、景気回復が遅れる日本では超低金利が続けられているため、アメリカとの金利差がさらに広がるとの見方から、円を売ってドルを買う動きにつながっています。

引用元:ヤフーニュース/FNNプライムオンライン

訪日観光客の誘引の材料となりえるのか

一方で円安が進めば増えるのは輸出製品はもちろんの事、訪日観光客とその消費額…のはず。しかしながらこのような相場を誰も予想出来なかったようにこちらも予想は難しいところ。ただそれに対する環境作りをしている方々にとっては好機以外のなにものでも無いことは事実です。

過去に目を向ければ2012年以降の円安政策や観光ビザ緩和によるインバウンド消費を考えれば、今後のさらなる行政施策によっては大きなインパクトがあると考えられます。今後の相場の行方など筆者にはわかるはずもありませんがそういう需要に対しての備えについて手配しない手はないという事です。その結果局面局面での右往左往を考慮に入れた上でも余りあるプロフィットへのアプローチが可能なのではないかと考えます。もちろん頭の良い方々にとっては「何をいまさら」な事案である事は承知の上ですが、参考としてくださる方へ本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

おか速民のしゃべり場

ついにここまで来ました!

おおっ、ドル円ロングいれてたのかニャ?

傍観するのみでした💧

当たり前ニャ!怖くて猫の手も出せんニャ

スイングトレーダーの勝利でしょ

そういうブログじゃないのニャ(# ゚Д゚)

猫が言い出したんじゃ…

為替相場の話は専門サイトでお願いします

そうです!観光情報のブログです(笑)

前回の記事でも書きましたがデジタルでの接客サービス
の提供が必須な時代となりそうですね

例の予約・受注サイトね

簡単に言うけどどうやるニャ

予約・受注なら既存で簡単に扱えるWEBサービスがあります

例えばAirRESERVEですね

はい!Airレジをご利用なら必須級です

翻訳はクロームやSafariにお任せでもいけるかニャ

今年から忙しくなるわよ〜(デジャヴ)

インバウンド消費の変化

以前のインバウンドマーケティングと言えば「爆買い」に象徴される電化製品や日用品の大量消費でした。

しかし近年の傾向としてはそれも変わりつつあるようです。

そもそも円安が進むとなれば物価が上がる可能性が高い日本で買うメリットも減少していきます。需要の高い製品であれば世界中で入手出来るご時世であると言えます。しかし観光資源というものはその場でしか堪能し得ないもの。そこに足を運ぶ事こそに価値が生まれるものです。また、そこで出会う人々とのふれあいやおいしい食事と安らげる宿泊施設、それこそが観光消費というものであり、その移動時間すら有意義なものである事に期待して「旅行」をする人々がいる。そんな消費者への奉仕への対価こそが観光業が享受する報酬となり得るはずです。

そんな事を考えながらお見えになるお客様へ接してみたいと思う筆者でした。

ページが見つかりませんでした – 〈おか速〉おかみさん速報(´・ω・`)
年ぶり外国人観光客の入国手続き再開!観光地で.html
 こちらの過去記事も関連しています!

THANKS

画像:PAKUTASO様 アイコン:いらすとや様 記事:tmedia(tachiokayaメディア) 【Prime Try Before You Buy】夏ファッション特集 期間限定 おすすめクーポン特集

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました