【悲報】Yahoo!Japanさん、ヨーロッパで閲覧遮断していた(´;ω;`)ウッ…

abstract business code coder PC・スマホ
Photo by Pixabay on Pexels.com

ヨーロッパの主要国のほとんどで…

2022年4月6日以降にイギリスを含むEEA圏内での大半のサービス中止を発表していたYahoo!Japan。厳しいGDPR(データ保護規制)が原因とみられているそう。ヨーロッパからのアクセス数が全体の1%にも満たず、わずかな利用者の為に制裁金のリスクを抱えきれないという判断があった模様です。

なお、Yahoo!メールやクレジットカードサービス、電子書籍サービスは継続されるようです。

ヤフーは1日、英国と欧州経済地域(EEA)で大半のサービスの提供を4月6日以降に中止すると発表した。検索サイト「ヤフージャパン」やニュースサイト「ヤフーニュース」がこれらの地域からは閲覧できなくなる。「コストの観点で、欧州の法令順守を徹底するのが難しくなったため」(ヤフー)としている。これまでは欧州に滞在する日本人などの利用を想定して、欧州からヤフーのサービスを利用できた。約100ある同社のサービスのうち、無料のメールサービス「ヤフーメール」、クレジットカード「ヤフーカード」、電子書籍サービスを除いて提供をやめる。欧州からの利用者は全体の1%程度にとどまっていた。ヤフーは「利用者には大変なご不便をおかけして申し訳ない」とコメントしている。現時点で、米国など欧州以外でのサービス提供を中止する予定はないという。

引用:日本経済新聞

おか速民の反応

フランスで270億円に及ぶ制裁金が
科されたあの件があるからとか…

最近のクッキーの扱いに関する表示が増えた件と関係あるかニャ…

ネットを利用する方としては覚悟の上で閲覧せざるを得ないのにね

それでもしっかり対策してくれているブラウザはあるにゃ!(願望)

やっぱりヨーロッパは利用者保護の考え方が進んでるワンね

否めないのニャ…

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました